東芝ホームアプライアンスは、家庭用自走式クリーナーの新製品として、スマートロボットクリーナー「Smarbo(スマーボ) VC-RB100」を、10月1日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

Smarbo VC-RB100

 2基のCPUと38個のセンシング機能、カメラ機能を搭載し、室内の通過したルートを記憶しながら自動で掃除を行う自走式クリーナー。約2畳(2×1.7m)の広さを約2分で掃除する。

 1回の充電で約100m2(約60畳)の掃除ができ、電気代は約2円。運転時間は約90分。掃除が終了すると、自動で専用充電台に戻って充電する。

 センシング機能によって、室内の障害物を避けて運転するので、壁への衝突や段差からの落下などを防止。さらに、赤外線信号で本体の動きを制御するバーチャルガードが2機付属し、本体を近づけたくない場所に「仮想フェンス」をつくることができる。

 掃除運転は、「自動」「スポット」「念入り」「手動」のモードから選択。ゴミの吸引は、両脇のサイドブラシ、下部の回転ブラシ、細かいゴミを捕らえるフィルターを用いた「6ステップゴミ取れ方式」で行う。

 さらに、しっかり掃除したいときに回転ブラシの回転速度がアップする「ターボ」、壁や家具など、障害物の際まで掃除できる「かべぎわ」、設定した時刻に自動で運転する「タイマー/デイリー」の三つの便利な機能を備える。サイズは幅355×高さ93×奥行き355mm、重さは3.7kg。集じん容積は0.6L。