パイオニアは、Bluetooth接続で携帯電話やデジタルオーディオプレーヤー、PCなどの音楽をワイヤレス再生するスタイリッシュなAVミニコンポ「X-SMC2-W」「X-SMC5-K」を、9月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「X-SMC2-W」が3万円前後、「X-SMC5-K」が4万円前後の見込み。

X-SMC2-W、X-SMC5-K

 CDの再生はもちろん、充電対応のiPod/iPhoneドックに接続したiPod/iPhoneやUSBメモリに保存した音楽、FMラジオ、DivXフォーマットの動画ファイルの再生に対応している。また、別売のHDMIケーブルでテレビと接続すれば、DVDなどの映像をより高画質で楽しめる。

 無料の専用アプリ「Pioneer Air Jam」をインストールしたスマートフォンとBluetooth接続すれば、各端末に保存している曲を「Air Jam」のプレイリストに登録して再生。さらに、プレイリストの履歴を使って、YouTubeで関連動画を検索することができる。「Pioneer Air Jam」のiOS版はアップルの運営する「App Store」で、Android版はグーグルの運営する「Androidマーケット」で配布する。

 「X-SMC5-K」は、iPhone/iPod touch/iPad、Windows PC/Mac内のiTunesライブラリに登録している音楽コンテンツを、無線LANやイーサネット経由でストリーミング再生する「AirPlay」に対応。本体の2.4インチカラー液晶に、ストリーミング再生中の曲名、アーティスト名、アルバム名やアルバムアートを表示できる。

 DLNA1.5に準拠し、ホームネットワーク内のPCやDLNA対応のNASに保存している音楽ファイルの再生ができる。付属のリモコンで選曲などの操作ができ、コントローラーソフトをインストールしたスマートフォンなどをデジタルメディアコントローラーとして使用して、選曲などの操作ができる。

 サイズは、両モデルとも幅520×高さ218×奥行き156mm、重さは「X-SMC2-W」が3.7kg、「X-SMC5-K」が3.9kg。