日立コンシューマエレクトロニクスは、スマートフォンやタブレット端末で操作できる地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンテレビ「Wooo(ウー)」のプラズマテレビ「GP08シリーズ」を8月27日に、液晶テレビ「XP08シリーズ」を9月10日に発売する。

 価格はいずれもオープンで、実勢価格はプラズマテレビ「GP08シリーズ」50V型「P50-GP08」が32万円前後、46V型「P46-GP08」が27万円前後、42V型「P42-GP08」が22万円前後、液晶テレビ「XP08シリーズ」の42V型「L42-XP08」が19万円前後、37V型「L37-XP08」が17万円前後、32V型「L32-XP08」が14万5000円前後の見込み。

Wooo GP08シリーズ(左)とXP08シリーズ

 「GP08シリーズ」「XP08シリーズ」ともに、500GBのHDDを搭載し、ハイビジョン画質で最大約400時間の番組を録画できる。解像度は「L32-XP08」が1366×768で、他モデルはすべて1920×1080のフルHD。

 iPhoneとiPod touch向けの専用アプリ「Wooo Remote LITE for iPhone」とiPad用の「Wooo Remote LITE for iPad」で、無線LAN経由でチャンネル選局や音量調整、録画番組の再生や早送りなどの操作ができる。専用アプリは、アップルが運営する「App Store」で8月下旬から無料提供する。

 また、年内に発売するiPad用の「Wooo Remote for iPad」は、リモコン機能と録画番組一覧の表示や再生操作に加えて、電子番組表の表示や録画予約の操作に対応する。価格は未定。

 「GP08シリーズ」は、フレームシーケンシャル方式の3D映像に対応した超解像技術「ピクセルマネージャーEX」によって、精細で立体感のある3D映像を再現する。また、ユーザーの視聴状況を「人感節電センサー」で感知。視聴していないと判断した場合は、画面を消して自動的に節電モードに切り替える。

 「XP08シリーズ」は、視野角の広い「IPSクリア LEDパネル」を採用し、高画質画像処理技術「Picture Master 3」によって、斜めから見ても高コントラストでノイズの少ない映像を実現。視聴環境や映像の明るさ、番組ジャンルに応じて最適な画質に自動調整する「センサーオート」モードや、明るい映像ではバックライトの発光を自動的に抑えて節電する「センサーオート e」モードを備える。