メディアドライブは、レシートの文字を認識する「レシートOCR機能」を搭載した家計簿ソフト「やさしく家計簿 v.2.0」を9月30日に発売する。価格は、専用スキャナを付属した「レシートリーダー付」が1万8690円、通常版が6090円、ダウンロード版が3880円の見込み。

「やさしく家計簿 v.2.0」の画面

 レシートを付属の専用スキャナや複合機などから読み込み、記載されている品名や金額などを文字認識して家計簿を作成することができる。OCR結果は、購入した店舗名・品名・価格・合計金額などの支出明細に自動で振り分けるので、キーボード入力の手間が省ける。

 最新の文字認識エンジンによって、複合機やフラットベッドスキャナからのレシート読み込みに対応。ランダムに配置した複数のレシートを自動で切り抜いて認識する。

「レシートリーダー付」パッケージには専用スキャナが付属

 「支払い方法」には、銀行やクレジットカード以外の任意のポイントカードや電子マネーを登録することができ、家計簿の一覧表示で支出状況などを支払い方法別に閲覧することができる。「銀行口座」は、口座作成時の残高設定と給与収入などの入金先を設定でき、支払いによる現在の口座残高を確認することができる。将来的に発生する不定期な支出の入力や、締め日の設定変更などの機能も搭載している。