コーレルは、ビデオ編集ソフト「Corel VideoStudio」と連携し、ホームビデオにハリウッド映画のようなタイトルを付けられる3D対応のビデオ作成ソフト「Corel MotionStudio 3D」を、8月26日に発売する。

Corel MotionStudio 3D

 価格は、通常版が9975円、特別優待版が6195円、アカデミック版が5145円、ダウンロード通常版が9975円、ダウンロード特別優待版が6195円。特別優待版は、「Video Studio」シリーズ/「Corel 3D」/「Cool 3D Production Studio」シリーズのユーザーが対象。

 「Corel MotionStudio 3D」は、テキストを押し出したり、アングルを調整したりして、3Dテキストを作成することができる。自分だけの押し出しオブジェクトや、軸対象オブジェクトを作成することも可能。Adobe IllustratorやCorelDRAWで作成したデザインのインポートや、3ds形式オブジェクトのインポートにも対応している。

 初心者でも簡単にタイトルやオブジェクトを作ることができる「イージーパレット」(テンプレート)は、パレットから演出効果を選んでダブルクリックするだけで、簡単に文字やオブジェクトを演出できる。また、テキストやオブジェクトにワンクリックでアニメーションを適用することもできる。

直観的な操作が可能なユーザーインターフェース

 作成したタイトルやオブジェクトは、そのまま「Corel VideoStudio」のタイムラインに出力できる。「Corel VideoStudio」に出力したタイトルやオブジェクトは、自動的に背景が透過になるので、簡単に合成作業ができる。アルファチャンネル付きのSWFファイルや、ビデオ編集ソフトで背景透過が可能なビデオAVIや静止画TGAなどのファイル。またMPEG-2やMPEG-4、WMVなど汎用ビデオファイルでの出力にも対応している。対応OSは、Windows 7(32/64ビット)/Vista(SP1/SP2、32/64ビット)/XP(SP3)。