マカフィーは、ソーシャルメディアや出会い系サイトでの事件が後を絶たない理由を考察するとともに、安全な出会いのために注意すべきポイントを自社ブログで解説している。

 ブログでは、オンラインで知り合った2人が、オフラインで会ったときにトラブルが発生する理由について、お互いの関係がどの程度かについての認識のズレや、相手がどのような人物なのか会ってみるまで正確にわからない、という点を指摘。最悪のケースとして、相手が犯罪者である可能性や、相手から金銭を要求されるケースなどを想定する。

 さらに、トラブルを回避するためのポイントとして、有名なサイトや友人が利用しているサイトに登録すること、相手がオンラインでの関係をどのように考えているか客観的に判断すること、公開する写真を慎重に選び、フルネームや住所など個人情報を掲載しないように注意することを挙げる。

 また、直接会う場合は公共の場所を利用したり、友人を同伴したりなど、最善の注意を払うこと、相手が借金を頼んできたり、収入や貯金の額についてたずねてきたら、登録しているサイトに連絡すること、インターネットで出会った人に送金しないことなど、注意を喚起している。