富士フイルムは、1400万画素のCCDセンサと、35mm判換算で24~720mmの光学30倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ「FinePix S4000」を8月6日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

FinePix S4000

 被写体に一度ピントを固定すれば、カメラが自動で被写体を追尾してピントを合わせ続ける「自動追尾オートフォーカス」や、液晶モニタに撮影範囲を示すガイドフレームを表示し、ガイドフレーム外の状況を見ながら撮影する「ねらい撮りズーム」などで、高倍率ズーム撮影をサポート。

 CCDシフト式手ブレ補正機能とISO6400の最高感度によって、ズーム時の手ブレや被写体ブレを軽減する。一度シャッターを押すだけで、等倍/1.4倍/2倍の3段階の画像を撮影できる「ズームアップ3枚撮り」機能も搭載する。

 液晶モニタは、従来機「FinePix S3200」の2倍となる46万ドットで、撮影時の構図をしっかりと確認できる。動画、静止画ともハイビジョン(HD)画質(1280×720)での撮影に対応、本体のHDMIミニ端子でテレビに接続し、大きな画面で写真や動画を楽しめる。

 対応メディアは、SD/SDHCカード。電源は、簡単に入手できる単3形乾電池×4なので、旅先でもバッテリ切れの不安はない。サイズは幅118.0×高さ80.9×奥行き99.8mmで、重さは約540g。