子どもたちがインターネットを利用する機会が多くなる夏休み。マカフィーは、7月26日、子どもをもつ親の適切なセキュリティ教育を支援する「デジタルネイティブを守る5つのセキュリティアドバイス」を発表した。親が子どもと接する際の実践可能な五つのアドバイスをまとめている。アドバイスの内容は、以下の通り。

○セキュリティ教育は低年齢時から
 デジタルネイティブに対するセキュリティ教育は、より早いほうがよい。子どもたちがネットサーフィンを始める3歳頃から開始すべきだ。

○まずはパスワードからスタートを
 最初は簡単に覚えられるパスワードから始めて、成長するにしたがって、より複雑なパスワードをつくらせたり、定期的にパスワードを変更したりすることを習慣づける。

○オンライン生活の基本姿勢は「オフラインと同じ振る舞い」
 オンライン上の見知らぬ人と、実生活で出会う他人との間に、大きな差はない、ということを子どもに理解させ、オンラインで知り合った人とは絶対に会わないようにさせる。また、オフラインで言ってはいけないことは、オンライン上でも言ってはいけないことを理解させる。

○ソーシャルメディアには個人情報を投稿させない
 ソーシャルメディアに投稿した個人情報は、友人以外の目に触れる可能性があること、いったんインターネット上に投稿された情報は、自分が削除してもインターネット上に残り続ける場合があることを認識させる。また、ソーシャルネットワークのプライバシー設定を定期的に確認する。

○デバイスを与える前にはインターネット機能の確認を
 子どものためにデバイスを購入する前に、そのデバイスが直接インターネットに接続できるかどうかを確認する。接続できる場合は、安全にインターネットに接続する方法を確認する。家族用のPCを、目にとまる場所に置くことも有効だ。また、無線LANを使用する場合は必ず暗号化し、夜間は無線LANをオフにすることも検討すべきだ。