マンフロットが主催する「希望」をテーマにしたウェブでの被災地復興支援フォトコンテスト「Click for Hope ~一枚の写真がつなぐ希望~」が、最終投票に入っている。

「Click for Hope」のトップページ

 「Click for Hope」は、マンフロットが東日本大震災の被災地支援として行っているフォトコンテスト。総計10万票になるまで、マンフロットが1票100円の義援金を拠出し、日本赤十字を通じて被災地に寄付にあてる。

 5月から6月末まで作品を募集し、全国から約850点の作品が集まった。最終審査は、第一次審査を通過した50作品からオンライン投票で決定する。投票方法は、作品が展示してある「Click for Hope」のサイトで、コンテストテーマ「希望」に合ったお気に入りの作品の「VOTE」ボタンをクリックする。投票にはTwitterのアカウントが必要で、被災地への応援メッセージをつぶやくこともできる。投票はTwitterの1アカウントあたり1回。