KDDIと沖縄セルラーは、au携帯電話の2011年夏モデルとして発表したカシオ計算機製のAndroid 2.3搭載スマートフォン「G'zOne IS11CA」を、7月14日に発売する。同時に「G'zOne IS11CA専用カバー」を発売する。

G'zOne IS11CA(左から、レッド、カーキ、ブラック)

 「G'zOne IS11CA」は、IPX5/IPX8相当の防水・IP5X相当の防塵性能に加え、MIL規格準拠の耐衝撃性能を備えたタフネススマートフォン。サイドケースと一体となったバンパーは、正面から側面、背面へとつながる個性的なデザインだ。カラーは、レッド、カーキ、ブラックの3色。 

背面のバッテリカバー部分には、グリップ感に配慮したダイヤモンド形状のエンボスを施した

 アウトドアでも見やすい高輝度の3.6インチIPS液晶、有効約808万画素のCMOSカメラ、ツインスピーカーを搭載。さらに、ウィジェット機能を追加し、スマートフォンならではの使い心地に進化したセンサーアプリ「G'zGEAR」を搭載する。ワンセグは非対応だが、おサイフケータイ、赤外線通信、世界198か国・地域で通話できる「グローバルパスポート」のデュアルローミング(GSM/CDMA)に対応する。サイズは幅約66.0×高さ129.0×奥行き14.5mmで、重さは約155g。

 機種に応じた一定額を毎月の利用料金から最大24か月間割り引くことで、負担を軽減する「毎月割」の適用機種。新規契約の場合、毎月割の設定額は月額1400円で、総額3万3600円割り引く。

→5月17日に発表されたスマートフォン2011年夏モデルの詳細はこちら