パナソニックは、文庫本サイズのソーラーパネルを内蔵し、1台でエネルギーの「創電(創エネ)」「充電(蓄エネ)」「給電(活かす)」を可能にしたコンパクトソーラーライト「BG-BL01G」を、8月26日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6000円前後の見込み。

コンパクトソーラーライト BG-BL01G

 小型のソーラーパネルと高効率の「HIT太陽電池」を搭載し、発電した電力を付属の充電式ニッケル水素電池「エボルタ」(単3形×2)に充電。さらに、「エボルタ」に充電した電力を利用してLEDライトを点灯したり、USB出力端子に接続した携帯電話などのモバイル機器に給電したりできる。また、充電したエボルタを取り出して、ラジオやライトなど単3形乾電池を使用する機器で利用することもできる。


製品発表会ではコンパクトソーラーライト「BG-BL01G」とともに、同日発売の充電式ランタン「BG-BL02H」なども披露した

 LEDライトは、省電力・長寿命の白色LEDを3基内蔵。「強/弱」の2段階で明るさを調整できる。また、本体はIPX3(防雨形)相当の防水性能をもつ。サイズは、幅152×高さ24×奥行き104mmで、重さは約150g(電池除く)。