Camangi Japanは、Android 3.1を搭載した7インチタブレット「Camangi Mangrove(カマンジ・マングローブ)7・WiFi」を8月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万9800円前後の見込み。

Camangi Mangrove7・WiFi

 解像度1024×600ピクセルの7インチマルチタッチ液晶、高性能なデュアルコアの「nVIDIA Tegra2」、1600mAhの大容量バッテリを搭載したタブレット端末。オートフォーカスとLEDフラッシュ付きの500万画素メインカメラ、200万画素セカンドカメラ、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN、microSDカードスロット、ミニHDMIポートやなども搭載する。また、液晶ディスプレイ部分には、Corning社のGorillaガラス(高強度強化ガラス)を採用している。

 OSは、Android 3.1(Honeycomb)を搭載。Flash Player10.1に対応し、PC向けのFlashコンテンツを再生できる。アプリマーケットとして、Googleが運営する「Android Market」と「Camangi Market」に対応。サイズは高さ195×幅122×奥行き11mm、重さは380g。