オリンパスイメージングは、6月30日、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した大口径広角単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」を7月22日に発売すると発表。同時に、大口径中望遠単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」の秋発売も発表した。価格は、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」が9万9750円、「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」が3万6750円。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」(右)と「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」

 「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」は、35mm判換算で24mm相当、大口径F2.0の広角レンズ。ボディは金属調のデザインで、「MSC(Movie & Still Compatible)」機構によって高速で静かなオートフォーカス駆動を実現している。

 また、フォーカスリングを手前にスライドすることで、指定した距離にフォーカスを移動する「スナップショットフォーカス機構」を搭載。スナップ撮影などに最適な、手前から背景までピントの合ったパンフォーカス撮影が簡単にできる。

 最短撮影距離は0.2m。レンズキャップとレンズリアキャップが付属する。サイズは、最大径56×全長43mm。フィルタサイズは46mm。

 「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」は、35mm判換算で90mm相当、大口径F1.8の中望遠レンズ。一眼ならではの背景の柔らかなボケを手軽に楽しめる。「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」と同じ金属調のデザインで、高速で静かなオートフォーカスを実現する「MSC」機構を搭載する。

 最短撮影距離は0.5m。レンズキャップとレンズリアキャップ、デコレーションリングが付属する。サイズは、最大径56×全長46mm、重さは116g。フィルタサイズは37mm。