エレコムは、バブルフリー加工によって気泡を逃がし、きれいに貼れるスマートフォン用液晶保護フォルム「気泡ゼロフィルム」を7月上旬に発売する。

「気泡ゼロフィルム」のパッケージイメージ
左から、MEDIAS WP N-06C用の「PD-NCM2FLB」、au G'z One IS11CA用の「PA-NCGFLB」

 ラインアップは、NTTドコモのOptimus bright L-07C用の「PD-LGOBFLB」、Xperia acro SO-02C用の「PD-SOX3FLB」、MEDIAS WP N-06C用の「PD-NCM2FLB」、GALAXY S II SC-02C用の「PD-SCS2FLB」、P-07C用の「PD-PA07FLB」、AQUOS PHONE f SH-13C用の「PD-SH13FLB」、auのXperia acro IS11S用の「PA-SOX3FLB」、AQUOS PHONE IS11SH用の「PA-SH11FLB」、AQUOS PHONE IS12SH用の「PA-SH12FLB」、G'z One IS11CA用の「PA-NCGFLB」、REGZA Phone IS11T用の「PA-TS11FLB」、ソフトバンクモバイルのSweety 003P用の「PS-PA03FLB」、AQUOS PHONE 006SH用の「PS-SH06FLB」の計13種類。それぞれ、スマートフォンの液晶画面全体にあわせたジャストサイズで、フィルムを貼ったまま各種操作ができる。価格はすべてオープンで、実勢価格は980円前後の見込み。

 従来の液晶保護フィルムは気泡が入らないように貼るのが難しかったが、新タイプの「気泡ゼロフィルム」は、接着層にバブルフリー加工を施し、その不満を解消した。貼り付けの際に気泡が入らないだけでなく、位置決めがしやすく、合わせやすい、適度な厚みと硬度を持ったフィルムを採用。失敗せずに、簡単に貼れるようにした。フィルムには、液晶画面の汚れや指紋汚れを付きにくくする特殊コーティングを施している。また、防眩機能で光の映り込みを抑え、目の負担を軽減する。