バッファローは、外出先や自宅で、スマートフォンからアクセスできるネットワーク対応HDD「リンクステーション LS-XLシリーズ」を、7月中旬に発売する。税別価格は、容量3TBの「LS-X3.0TL」が2万6400円、2TBの「LS-X2.0TL」が2万1000円、1TBの「LS-X1.0TL」が1万5700円。

LS-XLシリーズ

 「LS-XLシリーズ」は、複数のPCでデータを共有できるLAN接続のHDD(NAS)。「Webアクセス」機能など、従来の基本機能に加え、無料提供するスマートフォン用アプリ「WebAccess i/WebAccess i HD/WebAccess A」で、iPhoneやiPad、Android搭載スマートフォンから、NASに保存した写真や音楽、動画などのデータにアクセスできる。スマートフォンで撮影した写真を、外出先からアップロードすることも可能。 

「WebAccess i」「WebAccess i HD」のアイコン

 また、保存しているデータをDLNA対応テレビなどのデジタル家電で再生できる「DLNAサーバー機能」、設定した時間だけ電源を入れることができるタイマーON/OFF機能を搭載する。新デザインのきょう体は、自然吸気による放熱性にすぐれたファンレスボディを採用。縦横どちらの向きでも設置できる。

 iPhone/iPod touch用アプリ「WebAccess i」、iPad用アプリ「WebAccess i HD」は、アップルが運営している「App Store」から、Android用アプリ「WebAccess A」は、「Androidマーケット」から、それぞれ無料でダウンロードできる。なお、「WebAccess i」「WebAccess i HD」は、音楽再生機能の充実やフィルタリング機能の追加などのアップデートを実施した。