オリオスペックは、新開発の専用安定化電源とファンレス構造によって、低ノイズと高音質を実現した音楽専用静音PC「canarino(カナリーノ)1」を、6月29日に発売した。価格は13万9800円。

canarino1(左が本体、右が電源)

 「canarino1」は、Windows PCをベースに、音楽鑑賞だけでなく、通常のPCとしても使用できるように組み上げた。PCがベースなので、USB接続で外付けアンプ(DAC)などを自由に組み合わせることができる。

 専用の安定化電源には、10mΩ以下の超低インピーダンス、ノイズが3uV(A)と電源用ICの10分の1、スイッチングレギュレータの100分の1の高性能を実現したオーディオデザイン製「DCA-12V」をカスタマイズして使用。PC本体にノイズの少ない安定した電源を供給することで、音質を向上した。

 PC本体とDCアダプタをつなぐDCケーブルには、アニール処理(焼き鈍し)を施した「PCOCC-A」を採用。コネクタは、国産高品質ハンダで接合している。方向性を管理したオリジナルDCケーブルが標準で付属する。

 本体は、手のひらサイズで完全ファンレス構造。ストレージには、駆動部のないSSDを採用している。ケースは工業用品仕様で、曲げ部分のないアルミダイキャスト製。

 サイズは、本体部が幅101×高さ27×奥行き115mm、重さは370g。電源部が幅110×高さ62×奥行き200mm、重さは1.2kg。