デジタル放送推進協会(Dpa)は、地上デジタル放送への完全移行まで残り1か月となった6月24日と25日の両日、地デジ普及推進イベント「日本全国“地デジで元気!”inアキバ・スクエア さぁ!テレビ新時代。」を東京・秋葉原で開催した。

Dpa主催の「日本全国“地デジで元気!”inアキバ・スクエア さぁ!テレビ新時代。」

 24日のオープニングセレモニーでは、総務省関東総合通信局の久恒達宏放送部長が、「地上デジタル放送への移行まであとひと月となった。岩手、宮城、福島の3県を除く44都道府県では、5月末時点で約51万世帯が地デジに対応していない。さらにその大半が、アンテナの交換が必要な関東地方に集中している。今回のイベントで、まだ地デジの準備ができていない人にしっかり呼びかけていきたい」と挨拶した。

総務省の久恒達宏放送部長

 NHKと民放6局の女子アナウンサーが、地上デジタル放送を受信するUHFアンテナを担いで登場。双子のお笑いコンビ「ザ・たっち」も駆けつけ、家庭の2台目テレビの地デジ化や、地デジ詐欺など、地デジを準備するうえでの注意点を説明した。

NHKと民放6局の女子アナウンサーが地デジの準備を呼びかけ