ナカバヤシは、水を入れると発電する電池「水電池 NOPOPO」を8月上旬に発売する。価格は、「3本パック」が630円、「100本パック」が2万790円。

水電池 NOPOPO

 付属のスポイトを使って本体の穴に水を入れるだけで発電する単三形電池。水を入れると化学反応を起こして電池として機能し、ポケットラジオ、リモコン、電卓、LED懐中電灯など、低消費電力の機器に利用できる。

 ジュースなどの飲料水、唾液などでも、水分があれば発電する。電力が弱まったら、再度注水して数回繰り返し使用できる。使用回数は、機器に必要な電流値により変動する。

 一般的な乾電池は、未使用状態でも長期間放置すると、放電によって徐々に容量が減っていくが、「水電池 NOPOPO」は、水を入れなければ長期間保存できる。LEDライトの場合、電池1本で約5時間使うことができる。

 未使用時の重量は100本あたり1.5kgで、一般的な電池(100本あたり2.3kg)と比較して軽量。未開封状態で約20年間保存できるので、家庭や企業、学校、公共施設などでの備蓄にも適している。また、有害物質(水銀、六価クロム、カドミウム等)を含有せず、使用後は不燃物として処理できる。サイズは直径14.3×長さ50.3mm、重さ15g。