プラネックスコミュニケーションズは、PCの画面をハイビジョンテレビで映し出すワイヤレスディスプレイシステム「MZK-WD300DH」を、7月下旬に発売する。価格は、1万500円。

MZK-WD300DH

 802.11a/nの無線LANに対応し、最大300Mbpsの高速通信で動画を伝送。接続設定済みの専用子機とのセットで、PCに専用アプリケーションをインストールして、ソフトウェアの接続ボタンを押すだけで、すぐに使い始めることができる。

 PCの画面をそのまま映し出す「ミラーモード」と、PCに保存した動画映像を付属のBOXユニットでリアルタイムデコードする「シアターモード」を備える。対応する映像フォーマットは、「ミラーモード」がMPEG-2、「シアターモード」がH.264、MPEG-4、MPEG-2、Windows Media Video 9。

 「ミラーモード」では、フレームレートを2段階に自動で切り替えることで、Intel Atomプロセッサ搭載のノートPCでも映し出すことができる「シアターモード」は、パソコンのスペックにかかわらず、映像を滑らかに表示する。

 HDMI接続、フルハイビジョン1080p出力に対応。入力解像度は、「ミラーモード」が最大1280×720ドット、フレームレート5fps/25fps。「シアターモード」が最大1920×1080ドット、フレームレート60fps。出力解像度は、480i/480p/1080i/720p/1080p。対応OSは、Windows 7(32/64bit)/XP SP3(32bit)/Vista SP2(32/64bit)。