ヤマハは、6月23日、ネットワークプレーヤー「NP-S2000」を操作できるAndroid端末向けアプリ「Yamaha Network Player Controller」の無償ダウンロード提供を開始した。iPhone向けアプリはすでに提供している。

左から、起動画面、ソース選択画面、再生画面

 「NP-S2000」は、DLNAに準拠した市販のNASやPCなどとネットワーク(LAN)接続し、ネットワーク上にある音楽ライブラリを高音質で再生する高級ネットワークプレーヤー。

 インストールすると、Android端末から市販のWi-Fiルータに有線LAN接続した「NP-S2000」を操作し、ネットワーク上の音楽ライブラリの再生(DLNA再生制御)や、インターネットラジオの再生ができる。再生画面では、曲のタイトル名、アルバム名、アーティスト名をはじめ、アルバムアートも表示する。動作環境はAndroid 2.1以上。

 Googleが運営する「Android Market」では公開せず、ヤマハのウェブサイトからダウンロードする。このため、ダウンロードには、あらかじめAndroid端末の設定で、Android Market以外からのアプリケーションインストールを許可しておく必要がある。iPhone/iPod touch/iPad向けのアプリも提供しており、アップルが運営する「App Store」からダウンロードできる。