東芝は、液晶テレビ「レグザ(REGZA)」から、本体にバッテリパックを搭載し、リモコンで簡単にバッテリ電源に切り替えられる19V型の「レグザ 19P2」を7月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

レグザ 19P2(右は「ピークシフト」ボタン、「節電」ボタンを備えたリモコン)

 リモコンの「ピークシフト」ボタンを押すと、使用電源をAC電源からバッテリ電源に切り替えることができ、約5時間の充電で約3時間、地上デジタル放送を視聴できる。電力ピークシフト機能に加えて節減機能を備え、リモコンの「節電」ボタンを押すと、画面の明るさを抑えて画質を自動的に調整し、消費電力を約18%削減する。「節電モード」を併用することで、バッテリ電源での視聴時間が4時間に延びる。 

バッテリパックは背面に装着する

 「レグザ 19P2」には、専用のバッテリパック「SD-PBP120JD」が1個付属。バッテリパックの充電は、テレビ本体の電源がオフ(スタンバイ)のときだけ行うことができ、「夜間充電モード」に設定すると、昼間の時間帯は充電せず、電力需要が比較的少ない夜10時~朝9時の夜間の時間帯だけ充電を行う。専用バッテリパックは、交換用に8月上旬に単体でも発売する。価格はオープンで、実勢価格は7000円前後の見込み。

 チューナーは、地上デジタルチューナーとワンセグチューナーを搭載。停電時など、家庭用地デジアンテナが使えない場合は、付属のワンセグ用アンテナを使ってワンセグ放送を視聴できる。BS・110°CSデジタル放送、データ放送、双方向サービスには対応していない。液晶パネルには低消費電力の19V型LEDバックライト液晶を採用し、年間消費電力量33kWhと省電力。 

3種類の転倒防止機能(イメージ)

 卓上スタンドは安全性を考慮し、木ネジで直接固定できる転倒防止ネジ穴、テレビ台などの背面に垂らして木ネジで固定する転倒防止バンド、壁や柱にヒモとクリップと木ねじを使って固定するフックの3種類の転倒防止機能をもつ。卓上スタンドとバッテリパックを含むサイズは、幅45.4×奥行き20.4×高さ34.2cm、重さは5.0kg。