HOYAは、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX」用のGPSユニット「PENTAX O-GPS1」を、6月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

PENTAX O-GPS1とPENTAX K-5装着時

 カメラのホットシューに取り付けるGPSユニットで、PENTAX K-5/K-r/645Dに対応する。撮影地点の緯度、経度、高度、UTS(協定世界時)、方位を画像に記録。Google Earthなどを使って、撮影した場所や方向を地図上に表示できる。

 カメラ内蔵の手ブレ補正機能と連動することで、簡易な天体追尾撮影ができる「アストロトレーサー」を搭載。K5やK-r」に装着した場合には、GPSから取得した緯度と、内蔵磁気/加速度センサから得たカメラの状態から天体の動きを算出。イメージセンサを天体の動きに同調して移動させることで、三脚だけで長時間露光しても星を点像のまま撮影できる。

 このほか、目的地まで直線的なナビゲーションをする「直線ナビ」や、撮影方向の表示や記録に対応した電子コンパス機能を搭載する。

 小雨でも使用できる簡易防滴構造。電源は単4形乾電池×1で、カメラからの電源供給は不要。サイズは幅約49.0×高さ約33.0×厚さ約59.5mm、重さは約61g。使用には、カメラのファームウェアアップデートが必要になる。