加賀コンポーネントは、映画やゲームなどの3D映像を大画面で楽しめるDLPプロジェクター「KG-PT401X」を、7月に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

KG-PT401X

 「KG-PT401X」は、低価格ながらハイエンドホームシアタープロジェクターが採用する3Dフォーマット「HDMI(1.4a 3D)」のフレームパッキング方式、サイドバイサイド方式、トップアンドボトム方式に対応。3D専用メガネを使用して、DLP Link方式による3D映像が楽しめる。解像度はXGAで、圧縮表示ならWXGA表示も可能。明るさは3000ルーメン。

 色再現性を向上する「Brilliant Color」技術を採用し、高いコントラスト比を維持しつつ、繊細な色合いを再現する。時間経過がわかりやすい「プレゼンタイマー」機能を搭載する。

 USBメモリに保存したPowerPointやExcel、Word、PDFファイルを投影でき、DivX HD、MPEG1/2/4形式などの動画ファイルの再生にも対応する。

 電源ボタンを押して15秒で投影を開始。ファンを前面に設置し、後方や横には排気が行かない構造を採用した。サイズは幅292×高さ80×奥行き260mm、重さは3.5kg。

 6月には、A4サイズ以下の軽量モバイルプロジェクター「KG-PS302S」も発売する。解像度はSVGAで、HDMI接続に対応。DLP Link方式の3D映像を視聴できる。サイズは幅261×高さ78×奥行き191mm、重さは1.9kg。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。