KDDIとウェザーニューズ、気象情報サービス「ソラテナ」を全国展開

サービス

2011/05/30 17:25

 KDDIウェザーニューズは、東京近郊でトライアルサービスを提供していたau携帯電話スマートフォン向け気象情報サービス「ソラテナ」を、5月30日から全国で展開する。

「ソラテナ」のイメージ

 「ソラテナ」は、気象情報にコミュニケーション要素を加えた新感覚のサービス。自分の周辺の天気状況を体感情報として発信したり、今の気持ちをつぶやいたり、他の人からコメントをもらったりすることができる。

 利用者が周囲を検索すると、気象データごとに擬人化した5人のキャラクター「ソラテナファミリー」が登場し、紫外線や日照など、6種類の最新気象情報や体感情報をつぶやく。「ソラテナ」からの質問に答えることで、気象情報をより身近に感じることができる。

 全国展開にあたって、従来は東京近郊の基地局に約100か所設置していた気象観測装置「ソラテナ」を、全国約3000か所に拡大。各地の「ソラテナ」の名称は、トライアルサービス中に行った「ネーミング募集キャンペーン」で応募があったものを使用する。

 あわせて、ユーザーが登録した「ソラテナ」が観測した雨の降りはじめや気圧の急激な変化に関する情報を、携帯電話スマートフォンにeメールで配信する「お知らせメールサービス」を開始する。料金は月額105円で、10月31日まではリニューアル記念キャンペーンとして無料で利用できる。

オススメの記事