アサヒビール、アプリゲームと連動した「ブラックニッカでバー体験キャンペーン」、mixiで

ニュース

2011/05/23 15:32

 アサヒビールは、5月23日~6月20日、ミクシィが運営するSNS「mixi」で、サイバーエージェントのモバイルアプリ「星空バータウン」とタイアップし、「ブラックニッカでバー体験キャンペーン」を実施する。「星空バータウン」が企業とタイアップするのは今回が初めてで、アサヒビールもアプリゲームとの連携は初の試み。

キャンペーン時の「星空バータウン」のイメージ

 「星空バータウン」は、「mixi」の人気アプリゲーム。5月23日現在の会員数は200万人。参加者がバーをつくってバーテンダーになり、人気店になることを目指す「バー経営ゲーム」。バーを訪れるマイミクと交流したり、お酒のレシピを習得して売上げアップを目指したり、ポイントをためてバーの内装や外装を装飾したりする。

 キャンペーンでは、「星空バータウン」のなかでウイスキーや「ブラックニッカ クリアブレンド」をゲームのツールとしてゲーム参加者に提供できる。アサヒビールでは、このキャンペーンを通して、SNSのメインユーザーである20~30代を中心とした若い世代にウイスキーに興味をもってもらい、「ブラックニッカ」ブランドの認知度を高める。

 参加者は、ゲーム内でウイスキーの製造工程を学んだり、オリジナルのウイスキーカクテルレシピを習得したりすることで、ゲームを楽しみながらウイスキーへの理解を深めることができる。また、バーを装飾するアイテムとして、「ブラックニッカ クリアブレンド」や、「ブラックニッカ」ブランドの象徴である「キング・オブ・ブレンダーズ」、ウイスキーの樽などが使用できる。

 なお、ゲームを達成した参加者には、もれなく都内の実際のバーで「ブラックニッカ クリアブレンド」1杯を無料で飲めるクーポンを発行。希望者には、「ブラックニッカオリジナルマウスパッド」をプレゼントする。さらに抽選で1000名に、5月24日に新発売する「ブラックニッカ ハイボール」(缶350ml×2缶)をプレゼントする。無料クーポンを利用できるのは、港区南青山の「ニッカ ブレンダーズ・バー」と、墨田区吾妻橋の「サロン月灯り」。

ニッカ ブレンダーズ・バー(左)、サロン月灯り(右)

 「星空バータウン」はグリーが運営するSNS「GREE」でも、5月30日~6月20日にこのキャンペーンを行う。

「星空バータウン」(mixi版、携帯電話のみ)
「星空バータウン」(GREE版、携帯電話のみ)

オススメの記事