アスク、普通の液晶ディプレイがタッチパネルになるタッチパネルフレーム「ATP-2150」

ニュース

2011/05/18 12:04

 アスクは、普通の液晶ディプレイをタッチ機能対応ディスプレイにする台湾Awesome社製のタッチパネルフレーム「Touch Panel Flame for 22”16:9 Monitor ATP-2150」を、5月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万9000円前後の見込み。

ATP-2150

 縦横比16:9の21.5インチまたは22インチワイド液晶ディスプレイに装着するだけで、タッチ機能対応にできる外掛け式のタッチパネル用フレーム。PCとはUSB2.0で接続し、フレームの左右にあるマジックテープ式のバンドで簡単に取り付けられる。 

液晶ディスプレイの装着イメージ(左から、前面、背面)

 タッチパネルの方式は、シングルタッチの抵抗膜方式で、マウス代わりにポインターとして使用できる。細かい操作に最適なタッチペンが付属し、ダブルクリック・右クリックにも対応する。カラーはブラック。対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000。

オススメの記事