マカフィー、SNSを安全に、セキュア短縮URLサービス「mcaf.ee」をアップデート

サービス

2011/05/17 19:00

 マカフィーは、2010年9月から提供しているセキュア短縮URLサービス「mcaf.ee」をアップデートし、5月17日に公開した。

 アップデートでは、初心者にもわかりやすいページデザインへの刷新するとともに、URL生成ウィンドウに「Facebookボタン」「Twitterボタン」を配置。また、クラウドベースセキュリティ技術基盤「Global Threat Intelligence」の評価機能「レピュテーションインテリジェンス」との連携などによるレポート機能を強化した。

セキュア短縮URLサービス「mcaf.ee」

 「mcaf.ee」は、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の広がりを背景に、多発する既存のURL短縮サービスを利用したマルウェアの拡散や、個人情報の入手を目的とした偽サイトへの誘導を防ぐために、2010年9月に開始したサービス。「Global Threat Intelligence」を活用し、サイトの安全性を確認したうえで、「http://mcaf.ee/―」の形式で短縮URLを生成する。

 また、対象サイトの安全性評価機能で、対象サイトの上段フレームに評価結果を3色の色別で表示。「安全なサイト(緑)」の場合はそのまま対象ページを表示するが、「疑わしいサイト(黄)」なら警告とページへのリンクのみを表示、「危険なサイト(赤)」の場合は表示せずにブロックする。

オススメの記事