ニコンは、焦点距離50mm、開放F値1.8で、ニコンFXフォーマットの大口径単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」を、6月に発売する。価格は2万8350円。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

 非球面レンズ1枚を使用した新光学設計と、F1.8という明るさで、光量の少ない室内などでも高品位な描写を実現した。フォーカスモードは「M/A」(マニュアル優先オートフォーカス)と「M」(マニュアルフォーカス)を備える。

 オートフォーカス用の静音超音波モーター(SWM)を搭載し、ボディ内にモーターのないエントリーモデルの一眼レフでも使用できる。「D5100」や「D3100」などのニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラに装着したときは、焦点距離75mmのレンズの画角に相当する。

 サイズは、約72×52.5mm、重さは約185g。レンズキャップと裏ブタ、バヨネットフード、ソフトケースが付属する。