三菱電機は、3Dに対応したIPS方式23型液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」の新モデル「RDT233WX-3D(BK)」を、5月30日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万2800円前後の見込み。

Diamondcrysta WIDE RDT233WX-3D(BK)

 「RDT233WX-3D(BK)」は、HDMI1.4の3D規格に対応し、付属の3Dメガネで3Dコンテンツを視聴できる。3D表示は、明るく、ちらつきの少ない偏光方式で、「奥行き感調節」や「2D-3D変換」など、多彩な3D表示機能を搭載する。

 パネルはIPS方式の23型ワイドで、解像度は1920×1080、LEDバックライトを採用する。画像処理専用LSI「ギガクリア・エンジンII」を搭載し、より自然で高画質な映像を表示する。さらに、独自の「オーバードライブチェンジャー」機能でISP方式の液晶ディスプレイでは国内最速となる応答速度3.8msを実現した。

 入力端子はHDMIを2基、HDCP対応DVI-DとミニD-SUB15ピンをそれぞれ1基、D5端子を1基搭載。スタンドを含んだサイズは幅545×高さ394(最大)×奥行き170mm、重さは約4.4kg。LEDバックライトの採用と電源ユニットの薄型化によって、電源内蔵ながら39mmの薄さを実現した。