ソニー、タブレット端末「Sony Tablet」2機種を2011年秋以降に発売

ニュース

2011/04/26 16:42

 ソニーは、4月26日、Android 3.0搭載タブレット端末「Sony Tablet」として、エンタテインメント向けの「S1」とモバイルコミュニケーション向けの「S2」の2機種を、2011年秋以降に全世界で発売すると発表した。

Sony Tablet(左から S1、S2)

 「Sony Tablet」は、OSタブレット端末向けに最適化したGoogleAndroid 3.0を採用し、Wi-Fi無線LAN)やWAN機能を搭載したタブレット端末。インターネットやメールをはじめ、ゲーム、電子書籍など、さまざまなエンタテインメントコンテンツを楽しめる。

 「S1」は、9.4型の大型ディスプレイを搭載。重心を片側に寄せた偏重心デザインを採用し、手にしたときの軽量感と安定したホールド感を実現した。赤外線機能によって、テレビなどのAV機器のリモコンとしても使用することもできる。

 「S2」は、5.5型ディスプレイをダブルで搭載し、二つに折りたたんでコンパクトに携帯できる独自のデザインを採用。ニつのディスプレイを一つの大画面として使うことも、一つの画面に映像、もう一つの画面に操作ボタンを表示するなど、別々に使い分けることもできる。

 2機種とも、ソニーが運営するさまざまなネットワークサービスに対応。豊かなエンタテインメント体験を楽しめる。「ブラビア」をはじめ、さまざまなAV機器とも連携。また、DLNAに対応し、タブレットに保存した写真や動画を大画面のテレビに映し出したり、音楽をワイヤレススピーカーに出力して再生したりできる。