東芝は、OSにAndroid 3.0を搭載したタブレット端末「レグザタブレット AT300」を、6月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

レグザタブレット AT300(AT300/23C)

 1280×800ドットの10.1型ワイドLED液晶ディスプレイを備えたタブレット端末。液晶テレビ「レグザ」の映像技術を応用し、低解像度の映像を高精細にする高画質化技術「レゾリューションプラス」や、周囲の明るさを検知してメリハリのある鮮やかな映像に自動調整する「アダプティブ ディスプレイ」、騒音の中でも聞き取りやすい音質に変換する「ノイズ エコライザー」などを搭載し、屋外などさまざまな環境で、映像や電子書籍を高画質・高音質で楽しめる。

 OSはタブレット専用のAndroid 3.0を採用。CPUはグラフィック処理性能にすぐれたNVIDIA Tegra 2、ストレージは16GBのフラッシュメモリを搭載する。

 このほか、本体前面に有効画素数約200万画素、背面に約500万画素の2基のウェブカメラを内蔵。HDMI出力端子やSDHC/SDカードスロット、USB2.0ポートなど、豊富なインターフェースを備える。通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth。3G通信機能は備えていない。

「レグザAppsコネクト」を標準搭載する

 アプリとして、対応する液晶テレビやブルーレイディスク(BD)レコーダーなどをスマートフォンやタブレット端末のタッチパネルで直感的に操作できる「レグザAppsコネクト」を搭載。電子書籍ストア「ブックプレイス」で購入した音声読み上げ機能対応の電子書籍を再生する電子書籍閲覧ソフト「ブックプレイスリーダー」、独自の音声合成技術を搭載した音声読み上げソフト「東芝スピーチ シンセシス」も搭載する。

 サイズは幅約177×奥行き273×高さ15.8mm、重さは約765g(予定)。バッテリは、手軽に交換できるパック式を採用。バッテリ駆動時間は最大約7時間(予定)。