「Amazon.co.jp」の物流業務を担当するアマゾンジャパン・ロジスティクスは、4月1日、愛知県常滑市に新物流センター「アマゾン常滑FC(フルフィルメントセンター)」を開設した。

 アマゾン常滑FCは、市川FC(千葉県市川市)、八千代FC(千葉県八千代市)、堺FC(大阪府堺市)、川越FC(埼玉県川越市)、大東FC(大阪府大東市)に次ぐ6か所目の物流センター。中部地方では初となる。アマゾン常滑FCの開業によって、Amazon.co.jp各ストアの「在庫あり」の商品ラインアップを強化するとともに、中部地方を中心としたユーザーへの迅速な配送を目指す。

 また、アマゾンジャパン・ロジスティクスが出品者の商品在庫の保管、注文処理、出荷、カスタマーサービスを代行するサービス「フルフィルメントby Amazon」を拡張する。