マカフィーは、Android端末に感染したマルウェア「Android/DroidDream」を駆除するGoogleの「Android Market Security Tool」について、自社ブログで解説している。

 マルウェア「Android/DrdDream」は、「Expoit/LVedu」「Exploit/DiutesEx」によって、Android端末に脆弱なルートアクセスを取得する。すでに50以上の感染が報告されており、アプリケーションストア「Androidマーケット」からダウンロードされている。

 「Android/DrdDream」に感染すると、端末に追加ファイルを作成する。ファイルはアプリケーションディレクトリの外に置くので、アプリケーションをアンインストールしただけでは端末から削除できない。

 マルウェアを駆除するには、Androidアプリがアクセスできないレベルで、ファイルシステムにアクセスする必要がある。「Android Market Security Tool」は、droiddreamcleanを起動して追加ファイルを削除し、セキュリティ設定を復元する。