東プレ、静かに打てるキーボード「REALFORCE 108UH-S」、別売で5色のキートップも

ニュース

2011/03/08 19:43

 東プレは、静電容量無接点方式のキーボードのブランド「REALFORCE(リアルフォース)」発売10周年記念モデルとして、フルキーボード「REALFORCE 108UH-S」と、5色のカラーを揃えるキートップのセット「REALFORCE 108キートップセット」を4月上旬に発売する。価格はキーボードが2万5000円前後、キートップのセットが5000円前後の見込み。

REALFORCE 108UH-S

 「REALFORCE」は、 静電容量の変化でキー入力を検知する静電容量無接点方式のキーボード。機械接点がないので滑らかに入力でき、長時間使用しても疲れにくく、入力音も小さい。同時にキーを押してもすべて入力でき、すばやくキーを押しても動作する。金融機関のデータ入力用など、業務用として使われることが多く、耐久性にもすぐれている。

 「REALFORCE 108UH-S」は、図書館やオフィスなどの静かな環境での入力音に配慮したモデル。従来機がもつ打鍵音のばらつきとキーの不快音を低減した。配列は日本語108キー。カラーはホワイトで、ビジネス/プライベートシーンで使用できる。

REALFORCE 108キートップセット(オレンジ)

 同時に、交換用のキートップ108個をセットにした「REALFORCE 108キートップセット」を発売する。カラーはレッド、スカイブルー、イエロー、オレンジ、ホワイトの5色。好みに合わせてオリジナルのキーボードを作ることができる。

オススメの記事