東芝は、冷蔵庫や洗濯機など生活家電の第一号を世に送り出してから2011年で80周年を迎えたことを記念して、スペシャルサイトをオープンした。同時にキャンペーンを実施する。

左から冷蔵庫「SS-1200」、掃除機「VC-A」、洗濯機「ソーラーA型」

 東芝は1930年、国産で第一号の冷蔵庫「SS-1200」と洗濯機「ソーラーA型」を製造。また、1931年に国産初の掃除機「VC-A」を製造しており、2011年は生活家電の第一号誕生から80周年に当たる。

 80周年を記念して、「80年の家族の物語」をコンセプトにしたスペシャルサイトを同社の家電サイト「ママゴコロ家電」内に開設。家電のある思い出の風景や、東芝の生活家電のアーカイブを紹介している。

 スペシャルサイト開設と同時に、最新の家電をプレゼントする「家電と我が家の物語コンテスト」を実施する。テーマは「家族と家電にまつわる思い出のエピソード」で、応募期間は3月初旬から4月下旬までの予定。優秀者には、東芝の「ママゴコロ家電」――冷蔵庫「GR-D55F(NT)」、ドラム式洗濯乾燥機「TW-Z9100(WN)」、サイクロン式掃除機「VC-CG510X(N)」――を各1名にプレゼントする。