ヤマハは、12月13日、歌声合成技術「VOCALOID」を使用したiPad/iPhone用アプリ「iVOCALOID VY1」「iVOCALOID VY1t」を、アップルの「App Store」で発売した。2011年1月12日までの発売記念価格は、iPad版の「iVOCALOID VY1」が1800円、iPhone版の「iVOCALOID VY1t」が350円。

左から、「iVOCALOID VY1」「iVOCALOID VY1t」のアイコン

 「iVOCALOID VY1」「iVOCALOID VY1t」は、歌声合成技術「VOCALOID」の合成エンジンと歌声データベースをiPad、iPhoneに組み込むことで、リアルタイムに歌声を合成するアプリ。10月14日に開発を表明していた。歌声データベースには、クリアな滑舌と、力強く伸びのあるロングトーンが特徴の「VY1」を採用。160MBを超える大容量音声データベースで、入力された日本語の歌詞や音程にフレキシブルに対応する。

「iVOCALOID VY1」のスクリーンショット

 iPad版「iVOCALOID VY1」は、PC版の「VOCALOID2」のインタフェースの要素を生かしながら、iPad向けに機能を厳選。伴奏再生機能、単体でのリバーブ付加機能など、PC版にはない機能も搭載する。動作環境は、iOS 3.2以上(iOS 4.2については動作確認中)。

「iVOCALOID VY1t」のスクリーンショット

 iPhone版「iVOCALOID VY1t」は、VOCALOID合成エンジンを用い、約3秒間のピッチカーブと歌詞を入力することで、簡単なメロディやおしゃべりを手軽に作成できる。歌詞は日本語のみで、入力文字はひらがなとカタカナ。動作環境はiOS 4.1以上のiPhone 4/第4世代iPod touch。なお、iOS 4.2以降のiPadでも使用できる。