NTTドコモは、2010年冬/2011年春モデルとして、カメラ機能が充実したパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の携帯電話「docomo PRIME series P-03C」を12月16日に発売する。

docomo PRIME series P-03C(ブルー)

 パナソニックのデジタルカメラブランド「LUMIX(ルミックス)」の名を冠した携帯電話「LUMIX Phone」のドコモ向け第1弾モデル。約1320万画素の顔検出オートフォーカス対応CMOSカメラ、LUMIXで培った高画質技術「Mobile VenusEngine」を搭載し、LUMIX譲りのタッチパネルによる直感的な操作で、簡単に美しい写真を撮影できる。

横向きの状態(左からブルー、ピンク、ブラック、ゴールド)

 高画質技術「Mobile VenusEngine」は、肌色をきれいに、風景を色鮮やかに表現。さらに、超解像技術を用いたデジタルズームでくっきり撮影できる。このほか、レンズに入り込む光の反射を軽減するマルチコートフィルタや高輝度フラッシュ、カメラが撮影シーンを自動認識する「おまかせiA」、ハイビジョンムービー撮影機能、撮影した写真を簡単に共有できる「ピクチャジャンプ」機能など、充実したカメラ機能を備える。

 メインディスプレイのサイズは約3.3インチ。カラーはブルー、ピンク、ブラック、ゴールドの4色。サイズは、高さ約116×幅約52×厚さ約17.7mm(最厚部約21mm)、重さは約141g。