2010年11月の携帯電話ランキングは、4か月連続1位を記録していた「iPhone 4」32GBモデルに代わって、auのスマートフォン「IS03」が1位を獲得。携帯電話全体の販売台数に占めるスマートフォンの比率は、10月の33.1%から35.5%に増加し、4割目前に迫っている。

「iPhone 4」32GBモデルの連続1位は4か月でストップ



 「BCNランキング」によると、スマートフォンを含む2010年11月の携帯電話全体の販売台数1位は、11月26日発売のKDDI(au)のシャープ製スマートフォン「IS03」だった。前月1位だったソフトバンクモバイルのスマートフォン「iPhone 4」の32GBモデルは2位、2位だった同6GBモデルは3位にダウンした。

2010年11月 携帯電話
販売台数ランキング<全キャリア合算>
順位 キャリア メーカー 品名 型番 タイプ 発売年月
1 au シャープ IS03 IS03 スマートフォン 2010/11
2 SoftBank アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB スマートフォン 2010/06
3 SoftBank アップル iPhone 4 16GB iPhone 4 16GB スマートフォン 2010/06
4 NTTドコモ SAMSUNG(サムスン電子) GALAXY S SC-02B スマートフォン 2010/10
5 NTTドコモ パナソニック モバイルコミュニケーションズ P-07B P-07B - 2010/09
6 NTTドコモ ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Xperia SO-01B スマートフォン 2010/04
7 au 京セラ 簡単ケータイ K004 K004 - 2010/02
8 NTTドコモ 富士通 F-01C F-01C - 2010/11
9 au 日立コンシューマエレクトロニクス beskey HIY02 - 2010/06
10 NTTドコモ 富士通 らくらくホン ベーシックII F-07A - 2009/04
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2010年11月 月次<最大パネル>

 iPhone 4の発売直後は、16GBモデルより32GBモデルのほうが多く売れていたが、11月は若干32GBモデルが多い程度と、価格の安い16GBモデルの人気が高まっている。その結果、「iPhone 4」32GBモデルの連続1位記録は、7月から10月までの4か月で途切れた。ただし、32GBモデルと16GBモデルを合算すると、「iPhone 4」の販売台数は「IS03」の2倍近くに達し、実質的には依然としてトップだ。

 1位の「IS03」は、マルチタッチに対応する約3.5インチの大画面液晶、957万画素のカメラに加え、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信と、従来の携帯電話で人気の日本独自の機能を盛り込んだスマートフォン。OSは、Android 2.1を採用し、au one MarketやAndroid マーケットから好きなアプリをダウンロードできる。Skypeユーザーと音声通話やチャットができる「Skype au」にも対応している。

auのスマートフォン「IS03」

 KDDIは、10月18日から発売日まで、特設サイト内で事前に「購入宣言」して、実際にIS03を購入すると、もれなく予備の電池パックがもらえるキャンペーンを展開。購入宣言者は最終的に30万人を突破した。ほかのスマートフォン同様、発売前に予約を積み上げ、発売初日の11月26日だけで11月の総販売台数の43.2%、発売後3日間で86.4%を売り上げた。

 インターネット上では、購入者の感想を中心に、iPhoneとの比較やバッテリを長持ちさせるテクニック、オススメのAndroidアプリなどの情報が一気に広がっている。スマートフォンの面白さは、アプリをインストールして自分好みにカスタマイズしたり、より便利に使うためにユーザー同士で情報交換や議論したりするところにある。そんなユーザー情報の多さ、注目度の高さからも、好調なスタートを切ったといえる。

各キャリアとも11月発売の新製品がトップ10入り



 続いて、主要3キャリア、NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクモバイルについて、それぞれ2010年11月の月間トップ10を紹介しよう。

 NTTドコモは、サムスン電子製のAndroid 2.2搭載スマートフォン「GALAXY S SC-02B」が前月3位から1位に浮上。逆に前月1位だった「Xperia SO-01B」は3位に後退した。11月発売の新製品からは、4位に「F-01C」、7位に「AQUOS SHOT SH-01C」、8位に「N-02C」がランクイン。5位・6位には、根強い人気を持つシニア層向け携帯電話「らくらくホン」シリーズの「らくらくホン ベーシックII F-07A」「らくらくホン7 F-09B」が入っている。

2010年11月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<NTTドコモ>
順位 メーカー 品名 型番 メインカメラの有効画素数(画素) 形状 発売年月
1 SAMSUNG GALAXY S SC-02B 約500万 ストレート 2010/10
2 パナソニック モバイルコミュニケーションズ P-07B P-07B 約510万 折りたたみ 2010/09
3 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Xperia SO-01B 約810万 ストレート 2010/04
4 富士通 F-01C F-01C 約1320万 回転2軸 2010/11
5 富士通 らくらくホン ベーシックII F-07A 約200万 折りたたみ 2009/04
6 富士通 らくらくホン7 F-09B 約810万 折りたたみ 2010/07
7 シャープ AQUOS SHOT SH-01C 約1410万 回転2軸 2010/11
8 NECカシオモバイルコミュニケーションズ N-02C N-02C 約1320万 折りたたみ 2010/11
9 NECカシオモバイルコミュニケーションズ N-06B N-06B 約510万 折りたたみ 2010/06
10 富士通 ekubo F-08B 約510万 折りたたみ 2010/06
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2010年11月 月次<最大パネル>

 KDDI(au)は、携帯電話全体でも1位だった「IS03」がトップ。同じシャープ製のスマートフォン「IS01」も前月5位から4位にランクアップした。「IS03」以外は、前月とランキング上位の顔ぶれは変わりばえがしないが、9位に11月発売の「AQUOS SHOT SH010」、10位に10月発売の「SH009」が入っている。

2010年11月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<au>
順位 メーカー 品名 型番 メインカメラの有効画素数(画素) 形状 発売年月
1 シャープ IS03 IS03 957万 ストレート 2010/11
2 京セラ 簡単ケータイ K004 K004 197万 折りたたみ 2010/02
3 日立コンシューマエレクトロニクス beskey HIY02 808万 折りたたみ 2010/06
4 シャープ IS01 IS01 527万 折りたたみ 2010/06
5 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ URBANO BARONE SOY03 514万 折りたたみ 2010/02
6 京セラ K002 K002 320万 折りたたみ 2009/05
7 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Cyber-shotケータイ S003 S003 1209万 スライド 2010/05
8 京セラ 簡単ケータイ K005 K005 331万 折りたたみ 2010/06
9 シャープ AQUOS SHOT SH010 SH010 1410万 回転2軸 2010/11
10 シャープ SH009 SH009 800万 折りたたみ 2010/10
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2010年11月 月次<最大パネル>

 ソフトバンクモバイル(SoftBank)は、前月と同じく、「iPhone 4」の32GBモデル、16GBモデルが1位・2位を獲得した。3位には、PANTONE社とコラボレーションした11月3日発売の「PPANTONE 3 SoftBank 001SH」がランクイン。また、11月12日発売のAndroid 2.2搭載スマートフォン「HTC Desire HD SoftBank 001HT」が6位に食い込んだ。

2010年11月 携帯電話
キャリア別 販売台数ランキング<SoftBank>
順位 メーカー 品名 型番 メインカメラの有効画素数(画素) 形状 発売年月
1 アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB 500万 ストレート 2010/06
2 アップル iPhone 4 16GB iPhone 4 16GB 500万 ストレート 2010/06
3 シャープ PANTONE 3 001SH 320万 折りたたみ 2010/11
4 パナソニック モバイルコミュニケーションズ COLOR LIFE 840P 840P 200万 折りたたみ 2009/12
5 シャープ Jelly Beans 840SH 840SH 200万 折りたたみ 2010/02
6 HTC HTC Desire HD 001HT 800万 ストレート 2010/11
7 シャープ AQUOS SHOT 945SH 945SH 1210万 回転2軸 2010/07
8 シャープ THE PREMIUM6 WATERPROOF 841SH 320万 折りたたみ 2010/06
9 シャープ mirumo2 944SH 800万 折りたたみ 2010/06
10 SAMSUNG 740SC 740SC 200万 折りたたみ 2009/10
※太字はスマートフォン
「BCNランキング」2010年11月 月次<最大パネル>

 「PANTONE 3」は、しゃべる犬として人気のCMキャラクター「お父さん」のオリジナル待受画像などをインストールし、初回出荷分に限り、お父さんキャラクターのデザインをあしらった携帯ストラップが付属する。ビビットな全10色のカラーとの相乗効果でインパクトは十分だ。

「お父さんケータイ」こと、ソフトバンクモバイルのPANTONEケータイ「PANTONE 3 SoftBank 001SH」

スマートフォン比率は35.5%で過去最大 価格下落も要因の一つ?



 2010年11月の携帯電話全体の販売台数に占めるスマートフォンの比率は、過去最大だった10月の33.1%を2.4ポイント上回り、35.5%に達した。キャリア別に比率を集計すると、NTTドコモとソフトバンクモバイルは前月とほぼ同水準だったが、auは6.3%から29.7%に大きく上昇した。

2010年10月・11月
携帯電話全体/主要3キャリア スマートフォンの販売台数構成比
キャリア スマートフォンの比率(%)
2010年10月 2010年11月
NTTドコモ 23.6 25.0
au 6.3 29.7
ソフトバンクモバイル 71.9 64.8
携帯電話全体 33.1 35.5
「BCNランキング」2010年10月・11月 月次<最大パネル>

 スマートフォンは価格が高いイメージがあるが、各種割引を適用すると、通常の携帯電話とそれほど変わらない。なかでも、発売からやや日数の経った旧機種、最近だと「Xperia」や「IS01」は、かなり下がっているようだ。あまりの安さに魅力を感じ、Wi-Fi接続のみの運用を前提に購入するユーザーもチラホラいるらしい。スマートフォン比率の上昇は、こうした旧機種の価格下落の影響もあるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)

※当初、タイトルと本文中1か所の年月の表記に間違いがあったため、修正いたしました。正しくは、2010年11月です。深くお詫びするともに訂正いたします。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などのPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。