カシオ計算機は、カメラ本体にGPS機能を搭載し、位置情報付きの写真を撮ることができるコンパクトデジタルカメラ「EX-H20G」で、カメラに保持した測位ログデータをメモリカードに書き出す機能を開発し、ファームウェアを無償で提供した。

EX-H20G

 11月26日発売の「EX-H20G」は、GPS機能とモーションセンサーによる自律測位を組み合わせた機能「ハイブリッドGPS」を搭載し、屋外だけでなく屋内での位置情報の測位を実現。日付や時刻、地名などの位置情報付きの写真を撮影することができる。モニタに表示する地図上には、自分の居場所や撮影した写真・動画を表示できる。

 ファームウェアを本体にダウンロードすると、測位ログデータをKML形式でメモリカードに書き出し、一括で保存できるようになる。カード経由でデータをPCに転送して、Google Earthなどで旅の移動行程を再現して楽しめる。

GPS機能で位置情報を写真に挿入

 カメラの撮像素子は有効1410万画素のCCD、焦点距離24-240mm(35mmフィルムカメラ換算)の光学10倍ズームレンズを装備。画質劣化を抑えながら約1.5倍までズームできる「プレミアムズーム(シングル超解像)」と組み合わせると、最大15倍までズームできる。

 モニタは3.0型液晶。電源はリチウムイオン充電池で、約600枚撮影できる。サイズは幅102.5×高さ67.5×奥行き28.8mm、重さは約172g。カラーはブラック、シルバー。