HOYAは、カジュアルな外観のコンパクトデジタルカメラ「PENTAX Optio RZ10」の新色として、海外向けに提供している「レッド」を200台限定で12月3日に発売する。ペンタックスオンラインショップで販売する。

「PENTAX Optio RZ10」のレッド

 「PENTAX Optio RZ10」は、焦点距離が28-280mm相当(35mmフィルムカメラ換算)の光学10倍ズームレンズを搭載。「インテリジェントズーム機能」で、画質を劣化させずに最大約67倍まで画像を拡大できる。撮像素子は有効約1400万画素のCCD。

 カラーはピュアホワイト、クラシックブラック、ライム、バイオレットの4色を揃えるが、今回、海外で販売しているレッドを台数限定で販売する。ラインアップとオンラインショップでの価格は、容量2GBのSDカード、カラーにレッドを採用した小型三脚、ストラップをセットにしたモデルが2万4800円。2GBのSDカードが付属するモデルが2万2800円。各100モデルを提供する。