日本通信、SIMフリー版iPadがドコモ回線で使えるマイクロSIMカード

ニュース

2010/11/30 11:38

 日本通信は、アップルSIMフリー版iPad向けに、マイクロSIMによるデータ通信サービス「iPad専用プラチナサービス(b-microSIM プラチナパッケージ)」を12月1日から提供する。

iPad専用プラチナサービス」のパッケージ

 「iPad専用プラチナサービス」は、NTTドコモのFOMAネットワークを利用してデータ通信するマイクロSIMカードとデータ通信プランのセット。パッケージは6か月と12か月の2種類で、価格は、6か月パッケージが2万9880円(月額換算4980円)、12か月パッケージが5万6160円(月額換算4680円)。

 ソフトバンクモバイルが販売するiPad Wi-Fi + 3GモデルにはSIMロックがかかっており、ドコモ網で利用することはできない。また、海外で販売しているSIMフリー版iPadは日本の電波法に適合しておらず、国内での使用は認められていなかった。しかし、OSを最新のiOS 4.2にアップデートすると、技術基準に適合していることを示す「技適マーク」が表示され、3Gモデル、Wi-Fiモデルとも、合法的に使用できるようになった。こうした流れを受けて、日本通信はiPad専用プラチナサービスの発売に踏み切った。

 iOS 4.2の提供開始に伴い、9月に発売したSIMフリー版iPhone 4向けのマイクロSIM製品「b-microSIM U300」もiPadで利用できるようになっている。価格は、6か月パッケージで1万4900円(月額換算2483円)、12か月パッケージで2万9800円(月額換算2483円)。

オススメの記事