ベンキュー、XGA解像度のDLP方式プロジェクター「MX711」「MX710」、3Dにも対応

ニュース

2010/11/29 20:01

 ベンキュージャパンは、解像度1024×768(XGA)のDLP方式のプロジェクターとして、輝度3200ルーメンの「MX711」と2700ルーメンの「MX710」を12月3日に発売する。価格はともにオープン。実勢価格は「MX711」が8万9800円前後、「MX710」が7万9800円前後の見込み。

「MX711」「MX710」

 XGAの高解像度で、コントラスト比5300:1を実現。輝度は「MX711」が3200ルーメン、「MX710」が2700ルーメンで、広い会議室や蛍光灯を点けている部屋でも、明るくメリハリのある画像を映し出す。

 本体とLANケーブルで接続した複数のPCの最大4画面に同時に投写できるLANディスプレイ機能を搭載する。USB端子を備え、USBメモリに保存した画像をスライドショー形式で投写可能。パワーポイントのプレゼン資料も、jpg、gif、bmp、tiff、png形式の画像で保存することで投影できる。

 オプションの3D専用メガネ「3DGS-01」を使用すれば、DLP Link方式の3D映像を楽しむこともできる。

 そのほか、電源を入れればすぐに起動し、シャットダウン後はすぐに電源ケーブルを抜くことができるダイレクトパワーオン/オフに対応。エコモードを利用すれば、最大で5000時間利用できる長寿命ランプを採用する。

 画面サイズは32~300型。投影距離約2mで、65型の画面を映し出すことができる。10W×1のスピーカーを搭載する。入力端子は、ミニD-sub15ピン×2、RJ45×1、USB Type A×1、USB Type Mini B×1、HDMI端子×1など。本体サイズは幅311×高さ104×奥行き244mm、重さ約2.7kg。カラーはパールホワイト。

オススメの記事