キヤノン、デジタル一眼「EOS 60D」のダブルズームキット、17万円前後で

ニュース

2010/11/12 16:08

 キヤノンは、デジタル一眼カメラの中級機「EOS 60D」に、標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」の2本のレンズをセットにした「EOS 60D・ダブルズームキット」を、11月19日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は17万円前後の見込み。

EOS 60D・ダブルズームキット

 2本のレンズは、シャッタースピード換算で約4段分の補正効果を発揮する手ブレ補正機構を備えた「EF-Sレンズ」。「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」には高精度の非球面レンズを、「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」にはUDレンズ(特殊低分散ガラス)を採用し、諸収差を補正してズーム全域で高画質を実現した。

 「EOS 60D」は、有効約1800万画素のCMOSセンサや、画像処理エンジン「DIGIC 4」を搭載するデジタル一眼カメラの中級機。「EOSシリーズ」で初めてバリアングル式液晶モニタを搭載し、ハイ/ローアングルでの撮影が楽しめる。

オススメの記事