アップル、日本のiTunes Storeに「映画」追加、Apple TVも8800円で発売

ニュース

2010/11/11 13:51

 アップルは、11月11日、日本の「iTunes Store」で映画の提供を開始した。提供形態は、ダウンロード購入またはレンタル。画質はHD(ハイビジョン)またはSDで、価格は提供形態と画質によって異なる。米国では、同様のサービスをすでに開始している。

「iTunes Store」の「映画」の画面

 作品は、『トイ・ストーリー3』や『セックス・アンド・ザ・シティ2[ザ・ムービー]』といったハリウッド映画から、『おとうと』『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』といった日本映画まで、1000本以上をラインアップする。

 レンタルの場合、iTunes StoreからパソコンやiPhoneiPadなどの「iTunes」または「Apple TV」に直接ダウンロード。高速インターネット回線に接続していれば、数秒で視聴し始めることができる。レンタルした映画はダウンロード完了後30日以内に見始め、再生開始後48時間以内に見終わればよく、その間、何度でも見ることができる。

iPadやiPhoneから直接、映画を購入・レンタルすることもできる(画面はiPadの「iTunes Store」のもの)

 日本のiTunesでのダウンロード購入価格は、HD版の新作が2500円、準新作・旧作が2000円、SD版の新作が2000円、準新作が1500円、旧作が1000円。レンタル価格は、HD版の新作が500円、旧作が300円から、SD版の新作が400円、旧作が200円から。なお、購入あるいはレンタルのみの作品もある。

 映画の提供開始に合わせ、日本未発売だった「Apple TV」を発売。今週から出荷を開始する。価格は8800円。

Apple TV(使用イメージ)

 「Apple TV」は、ハイビジョンテレビにHDMI端子で接続し、ビデオや音楽、映画などをテレビで視聴できるメディアプレーヤー。インターネット経由でiTunes Storeにアクセスし、直接映画をレンタルしたり、YouTubeを見たりできるほか、パソコンなどから音楽、ビデオ、写真をストリーミング配信することができる。

 2007年発売の旧モデルにあったHDDをなくすことで、高さ23×幅98×奥行き98mmの手のひらサイズに大幅に小型化した。重さは272g。アルミニウム製のリモコン「Apple Remote」が付属。無料のRemoteアプリケーションを使えば、iPhone/iPod touch/iPadから操作することもできる。

オススメの記事