富士通、「REGZA Phone」などケータイ新端末、瑛太さんがCM撮影秘話を披露

ニュース

2010/11/10 19:57

 富士通は、NTTドコモの携帯電話の2010年冬/2011年春モデルとして、東芝液晶テレビの高画質技術を備えるAndroid搭載のスマートフォン「REGZA Phone T-01C」など、6機種を発表した。発表会には、新製品のCMキャラクターを務める俳優の瑛太さんが登場。CM撮影中のエピソードなどを語った。

CMキャラクターの瑛太さん

東芝と組んだAndroid搭載スマートフォン「REGZA Phone T-01C」



 「REGZA Phone T-01C」は、OSにAndroid 2.1を採用(11年春にAndroid 2.2にバージョンアップ予定)したスマートフォン。「モバイルレグザエンジン3.0」を搭載し、超解像やフレーム補間など、東芝の液晶テレビ「レグザ」の高画質技術で、ワンセグやYouTube動画を美しく再生する。

REGZA Phone T-01C

 Flash Lite 4.0の採用で、アニメーションなど動きのあるコンテンツを含んだウェブサイトを閲覧できる。そのほか、おサイフケータイや赤外線通信、IPX5・IPX7相当の防水性能などを備える。

 有効約1220万画素のカメラを搭載。また、1280×720ドットのハイビジョン(HD)動画を撮影できる。メインディスプレイは約4インチ。カラーはモイストブラックとメローボルドー。ワンセグを見るときに便利なクレードル式の充電台が付属する。発売は12月もしくは11年1月の予定。

激速タッチパネルの「F-01C」と閉じたまま情報にアクセスできる「F-03C」



 「docomo PRIME series F-01C」は、サクサク快適に操作できる約3.4インチの激速(ゲキハヤ)タッチパネルを備える。

docomo PRIME series F-01C

 有効約1320万画素のカメラは、起動0.5秒の高速レスポンスを実現。約7.5枚/秒のスピードで、メモリカードの空き容量いっぱいまで連写できる「無限連写モード」を備える。フルHD動画の撮影にも対応する。

 本体をかざすだけで、店舗情報などをアイコンで表示するAR(拡張現実)対応の「ロケーションレーダー」を搭載。「食べログ」「ぐるなび」「FooMoo by HotPepper」との連携によって、キーワードや評価で飲食店を検索できる。

 IPX5・IPX8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を備える。カラーはブラック、ホワイト、マゼンタ、ゴールドで、発売は11月中の予定。

 「docomo SMART series F-03C」は、メールの本文まで表示する2.0インチの大型カラーサブディスプレイを搭載。フロントパネルの「タッチセンサー」で操作して、本体を閉じたまま新着メール、スケジュール、着信履歴などへワンタッチでアクセスできる。

docomo SMART series F-03C

 有効約1220万画素のカメラは、7枚の高速連写に対応。一眼レフカメラで撮影したようなぼかしを強調した写真を撮影できる「ぼかし強調モード」を備える。フルHD動画の撮影にも対応する。

 このほか、「ロケーションレーダー」や、人の動きや環境を検知して最適な音質・音量に調整する「ぴったりボイス」、『広辞苑』や『リーダーズ英和辞典』、『デイリー日中英・中日英辞典』など、ビジネスに役立つ「本格電子辞書」などを備える。約3.3インチのメインディスプレイを搭載。カラーはブラック、ホワイト、パープル、ブラウンで、発売は11月中の予定。

ANTEPRIMA、SHIBUYA109の人気ブランドとコラボした「F-02C」「F-04C」



 「docomo STYLE series F-02C」は、パネル先端の「フィーリングピース」が二つ付属し、ピースを付け替えてデザインを変えることができる。ピースによって、イルミネーションのデザインも変化する。

docomo STYLE series F-02C

 周囲の温度に応じて、待受画面の色やモチーフが変化。温湿度に合わせて乾燥注意報などの情報をマチキャラが知らせる「フレンドリーメッセージ」に対応する。

 有効約1220万画素のカメラは高速7連写に対応。フルHD動画を撮影できる。スローモーションで動画を撮影すれば、1/4倍速でゆっくりなめらかに再生できる。

 IPX5・IPX8相当の防水性能、IP5Xの防塵性能をもつ。メインディスプレイは約3.3インチ。カラーはクールブラック、エターナルホワイト、エレガントピンクのほか、ファッションブランド「ANTEPRIMA」とコラボレーションしたアンテプリマゴールドを揃える。アンテプリマゴールドには、オリジナルの「フィーリングピース」やワイヤーストラップなどのアイテムが付属する。発売は11月中の予定。

 「docomo STYLE series F-04C」は、SHIBUYA109の人気ブランドとコラボレーションしたスライド式端末。「CECIL McBEE.」の小悪魔 PINK、「Pinky Girls」のLOVE SWEET PINK、「COCOLULU」のSTAR SPLASHの3モデルをラインアップする。本体デザインのほか、きせかえツール、デコメ絵文字やデコメピクチャ、写真のフレーム/スタンプなど、各ブランドがオリジナルでデザインした限定コンテンツを多数収録する。

docomo STYLE series F-04C(小悪魔 PINK)

 有効約510万画素の外部カメラのほか、高画質で自分撮りできる有効約130万画素のインカメラを装備。「らくがき盛りフォト」を搭載し、付属のタッチペンでプリクラのように写真にらくがきできる。

docomo STYLE series F-04C(LOVE SWEET PINK)

docomo STYLE series F-04C(STAR SPLASH)

 スライドパネルの裏側には、小型のミラーを備え、ちょっとした身だしなみのチェックができる。約3.0インチのメインディスプレイを搭載。発売は11年1月の予定。

 「docomo STYLE series F-05C」は、シンプルなスライド式端末。有効約510万画素のカメラのほか、有効約130万画素のインカメラで自分撮りができる。豊富な種類のペンやスタンプ、フレームをプリインストール。付属のタッチペンで、簡単に写真にデコレーションを施すことができる。

docomo STYLE series F-05C

 世界中で幅広い世代から人気を集める「ムーミン」のきせかえツール、デコメ絵文字、デコメピクチャなど、豊富なコンテンツを収録する。

 約3.0インチのメインディスプレイを装備。カラーはシルキーホワイト、マットブラック、ローズゴールド。発売は11年2月の予定。

「画面をのぞき込む女性には本当にびっくり」、瑛太さんがCMの裏話を披露



 新製品のCMには、俳優の瑛太さんが出演。「docomo PRIME series F-01C」バージョンでは、瑛太さんが「ロケーションレーダー」でエリア情報をチェック中、携帯電話をのぞき込んでくる女性に顔をしかめたり、撮影したダンスチームの映像に感嘆したり、メールで送られてきた彼女のヘン顔写真にニンマリ得意げな表情をみせたりと、瑛太さんのコミカルな表情が楽しめる。

 スタイリッシュなバーで撮影した「docomo SMART series F-03C」バージョンでは、背面タッチセンサーで、携帯電話を閉じたままメールやスケジュールをスマートな操作でチェックする瑛太さんの「デキる男っぷり」を見ることができる。

瑛太さんのお気に入りは、女性に携帯電話の画面をのぞかれるシーン

 CMのお気に入りのシーンを聞かれた瑛太さんは、「女性に携帯電話の画面をのぞかれるシーンでは、絵コンテよりも激しく女優さんに腕を捕まれてびっくりした。CMの映像はリアルな表情です」と、裏話を語った。「docomo PRIME series F-01C」バージョンは、11月13日から放送開始予定。

大谷信雄・執行役員常務

 発表会で富士通の大谷信雄・執行役員常務は「今回、初めて東芝と一緒にAndroid端末を発表することができ、非常に興奮している。『REGZA Phone T-01C』は、日本メーカーがAndroid端末をつくるとこうなるんだ、という典型の製品。ワンセグやおサイフケータイ、防水性能などを備えている。また、ANTEPRIMAやSHIBUYA109など、ファッションブランドとコラボし、ユーザーの個性に合った端末を発表できた。これは、スマートフォンにはなかなかできない取り組みだ」と新機種への自信をみせた。

オススメの記事