アクセルマークと大原学園、「ITパスポート」受験者向けiPad/iPhoneアプリ

ニュース

2010/11/09 16:37

 アクセルマーク(小林靖弘社長)と大原学園(安部辰志理事長)は、IT系資格「ITパスポート」を受験する人に向け、iPad/iPhone用の学習支援アプリケーション「資格の大原 ITパスポート」を11月7日から提供している。価格は1000円。オープニングキャンペーンとして、11月30日までは600円で提供する。

iPad/iPhone用アプリ「資格の大原 ITパスポート」

 「ITパスポート」は、職業人が備えておきたいITに関する基礎知識を測る試験で、情報処理推進機構(IPA)が行っている。2009年4月にスタートし、年2回試験が行われる。3回目となった2010年春の受験者は5万2299人で、22098人が合格した(合格率42.3%)。

 「資格の大原 ITパスポート」は、モバイル端末の機能を生かしたiPad/iPhoneアプリ。3カテゴリ、全300問の問題を掲載する。各カテゴリの正解率を表示して、自分の弱点がひと目でわかる仕組みや、押さえておきたい重要な箇所をチェックすることができる「マーカー機能」、本番と同じような感覚でテストが受けられるタイマー付の「模擬試験」、勉強した日と学習履歴が記録される「継続は力なりカレンダー」などの機能を備える。

 今後は、「ファイナンシャル・プランナー」「介護福祉士」「社会保険労務士」「行政書士」「宅建主任者」など、資格試験向けアプリの提供を予定する。また、Android端末向けにも提供する計画だ。

オススメの記事