バッファロー、BDXL対応のPC用BDドライブ、11月下旬に発売

ニュース

2010/11/05 10:38

 バッファローは、ブルーレイの新規格「BDXL」に対応したパイオニア製ドライブを採用したPC用ブルーレイディスク(BD)ドライブ「BRXL-6U2」「BRXL-6FBS-BK」を、11月下旬に発売する。税別価格は、USB2.0接続の外付けタイプ「BRXL-6U2」が4万2300円、SerialATA接続の内蔵タイプ「BRXL-6FBS-BK」が3万1700円。

BRXL-6U2(左)とBRXL-6FBS-BK(右)

 「BDXL」は、多層化技術によって、1枚のディスクに3層100GB/4層128GBの大容量のデータを保存できる新規格。BDレコーダーでは、BDXL対応モデルが増えているが、パソコン接続専用のBDXL書き込み対応ドライブとしては、11月4日現在、世界初となる。

 外付け・内蔵タイプともに、3D映像の再生に対応した視聴ソフト「CyberLink PowerDVD 10 BD edition」が付属。3D対応の液晶ディスプレイグラフィックボードなどを用意すれば、パソコンで立体感のある3D映像を楽しめる。2D映像視聴時に映像をリアルタイムで3Dに変換する「2D→3Dコンバート」機能も備え、DVDビデオなど通常の2D映像も3Dにして再生できる。このほか、ハイビジョン対応のビデオ編集ソフト「CyberLink PowerDirector 8 HE」など、ドライブを活用できるさまざまなソフトが付属する。

 外付けタイプ「BRXL-6U2」は、パソコンに連動して自動的に電源がオン/オフする省電力機能を搭載。縦置き・横置きの両方に対応する。対応OSはともにWindows 7/Vista/XP。

オススメの記事