三菱電機は、録画ができる3D対応液晶テレビ「REAL 3D」MDR1シリーズ発売に伴い、2011年2月に劇場公開する映画『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』とタイアップし、プロモーションを開始した。

「3Dも!3つビシッとは、三菱!」をキャッチにした「REAL 3D」MDR1シリーズのCM

 10月21日に発売する「REAL 3D」MDR1シリーズは、1TBのHDDと3D対応のブルーレイディスク(BD)ドライブを搭載した録画ができる3D対応液晶テレビ。三菱電機は、20世紀フォックスの映画『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』の3D版とコラボレーションし、3Dの迫力ある映像をCMで表現する。10月16日に全国でオンエアを開始した。

 CMのキャッチは「3Dも!3つビシッとは、三菱!」。キャラクターの菊池桃子さんが、テレビの3D対応、3D対応BDレコーダー、1TBのHDD搭載という「REAL 3D」MDR1シリーズの特徴を紹介し、リビングで3D映像を体験するストーリーだ。

 CMで使用した映像は世界初公開の映像で、ハリウッドのスタジオが「REAL 3D」とのコラボレーションのために制作した日本限定版。