日本エイサーは、eMachinesブランドのデスクトップPC「ELシリーズ」の新製品として、Pentiumプロセッサを搭載した「EL1850-A22C/T」「EL1850-A22C/TF」と、Athlon II X2 デュアルコア・プロセッサを搭載した「EL1352-A22C」を、10月20日から順次発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後から。

 CPUにPentium E5700(3.0GHz)を採用した「EL1850-A22C/T」と「EL1850-A22C/TF」は、動画の編集や再生など、PCに負担がかかる作業や、アプリケーションのマルチタスク処理がスムーズにこなせる。前面にUSB2.0ポート×5、マルチカードリーダーなどを、背面にUSB2.0ポート×2などを備える。ともに1366×768画素の非光沢18.5インチワイド液晶ディスプレイが付属する。実勢価格は「EL1850-A22C/T」が5万円前後、Microsoft Office Personal 2010がインストールされた「EL1850-A22C/TF」が7万円前後の見込み。発売は10月27日。

EL1850シリーズ

 「EL1352-A22C」は、CPUにAMD Athlon II X2 デュアルコア・プロセッサ 220(2.80GHz)を採用し、インターネットの検索や動画再生や編集などが快適に楽しめる。前面にUSB2.0ポート×5、マルチカードリーダーなどを、背面にUSB2.0ポート×4などを備える。液晶ディスプレイは別売。外付けスピーカーが付属する。実勢価格は4万円前後。発売は10月20日。

EL1352-A22C

 「EL1850-A22C/T」「EL1850-A22C/TF」「EL1352-A22C」は、すべて2GBのメモリ、320GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows 7 Home Premium 32ビット版。本体サイズは高さ約265×幅100×奥行き371mm。