トイレのあの音を消す、実売1000円のミニ流水音発生器

ニュース

2010/10/08 11:09

 オーム電機は、トイレの節水に役立つ電池式のトイレ用擬音発生装置「ミニ流水音発生器 OGH-1」を、10月29日から量販店で本格販売する。価格はオープンで、実勢価格は1000円前後の見込み。

トイレ用擬音発生装置「ミニ流水音発生器 OGH-1」の製品写真(左)とパッケージ(右)

 ボタンを押すだけでスピーカーから流水音が発生。音はボタンを押してから約25秒後に自動的に停止し、二度押しで中断する。音量は約80dB(距離50cmの位置で最大)。

 単3形アルカリ乾電池2本で、約5000回使用可能。電池式なので電源のないトイレでも使用でき、両面テープで壁に貼り付けるだけで簡単に設置できる。サイズは幅110×高さ70mm×奥行き25mm、重さは約65g(乾電池別)。カラーはホワイト。

 従来のトイレ用擬音発生装置は本体価格1万円以上の製品が主流だったが、2010年5月から一部の小売店で「OGH-1」のテスト販売を行ったところ、好評だったという。10月29日から、ホームセンター、家電量販店、ディスカウントストア、ドラッグストアなどで本格販売を開始。オフィスや工場、学校、商業店舗、公共施設などのトイレへの設置を訴求し、今後3年間で100万個の販売を計画している。

オススメの記事